2013年02月24日現在 再開準備中
ほんのりこちらで活動中 ⇒ imorin on 創作活動 - 休憩処

2010年08月29日

【モンハン日記 ぽかぽかアイルー村/PSP】

CAPCOM / モンハン日記 ぽかぽかアイルー村 ↓

私的には[モンハン]の冠が無ければ絶対に手を出さないジャンルのゲーム。
同系統では以前に、ゲームキューブ版どうぶつの森+をカードeリーダー目当てで購入した事がありましたが、ゲーム本編は数時間と保たずに終了、封印しました。牧場物語シリーズは、ゲーム内の雰囲気が平和過ぎて無理でした。
そんなこんなですが、モンスターハンターの名の下に購入、遊んでみました。・・・う〜む、やっぱり駄目かも知れない。個人的にゲームは、よし!遊ぶぞ!、という意気を持って遊びたい派なので(どんなゲームでも、という訳ではないのですが)、チョットだけ遊んでチマチマ楽しむ、というこの手のゲームスタイルは根本的に合わないんだよね、きっと。
メインとなるアイルー/メラルーも、私的印象は愛しいキャラではなく、ただの鬱陶しい存在。憎さが余って、しょうがないなぁ〜全くぅ〜、という程度、ほんのり愛らしさを感じるキャラなんです。(落し物ネコを筆頭に)
こっそりトロは好きだったりもしますが、基本的には犬派です。
所々魅せるシュールな面やマルチプレイ等、気になる所もあるのでもう少し遊んでみますが、実はコレと一緒に購入した、ファンタシースターポータブル2 PSP TheBestに移行するのも時間の問題かも知れません。

2010年08月21日

【MHF 第34回公式狩猟大会 & 第30回狩人祭/まとめ】

モンスターハンターフロンティアオンライン(MHFO)、第34回公式狩猟大会 & 第30回狩人祭/まとめ。
今回の期間は私的に、華麗に連休が重なり、久々の開催となったお祭りを堪能できたわけですが、仕様が変更されたシクレや、うっかり課金したプレミアムコースなど、無駄に疲れた感もあります。

結果.jpg
なんだかんだで勝った様子です。入手できる祭ポイント&祭典の証が3倍の回だったので、とてもいい具合です。問題は、勝ちクエに行けないまま期間が終了してしまいそうな事くらい。連休後の反動で、今回はまだ1度も勝ちクエに行っていません。祭典の思い出防具で幾つか欲しい物があったのですが、作成出来るのはまた先の話になりそうです。

入魂数.jpg
今回のシクレ仕様(両組対象シクレ.etc)により、やたらと稼げた今回のお祭り。また、ごく一部を除いてシクレ対象クエスト事態が緩かったりと、今回のお祭りは所々で360組への配慮的影響を感じました。月と太陽、の存在も大きかったけどね。

猟団韋駄天.jpg
猟団韋駄天、相変わらず3人で参加をしている2鯖猟団 7-Lite-Jp
そして、いつもこの位の順位。参加数の分母が判らないけれど、4人なら!4人だったら!、の思いを残していつも終了を迎えます。

韋駄天ガンランス.jpg
昨今すっかりやる気が失せている韋駄天杯ですが、あるとやりたくなるモノ。今回の毒軍団高速討伐!は、何となくガンス(ボルペスフィーダ)と弓で適当にクリアして終了。弓(パワーハンターボウU)は無念の300位台でした。

カジキマグロ.jpg
巨大魚杯、今回はカジキマグロ部門で入賞。太公望の作成、そして、その納品クエストが、当時まもなく(?)獲得だったSR(スキルランク)序盤のランク上げに最適、という事で、比較的モチベーションが高かったカジキマグロ釣り。思い立って作ってしまったビストロRシリーズに吸われながらも、500匹近くを釣り上げて入賞。

そんなこんなでしたの、第34回公式狩猟大会 & 第30回狩人祭。どうでもいいけど、もう少し匠チケットの価値が見いだせる武具の追加や、他の何か、を増やしてもらえませんか?

2010年08月19日

【PowerDirector 8 Ultra 特別優待パッケージ版/動画編集ソフト】

⇒ Amazon Vine 先取りプログラム から今月のレビューサンプル品が届きました。今月は動画編集ツール PowerDirector 8 Ultra 特別優待パッケージ版/サイバーリンク をチョイス ↓

インストールガイドが無く不親切ですが、ROMの自動再生から画面指示に従って進める形。また、プリインストール版などがあると上書きインストールは不可能ですが、アンインストールへはそのまま移行出来ます。
今回入れたPC(Intel Core2 Quad CPU Q8300 2.50GHz, / 4.0GB RAM / NVIDIA GeForce GT 120)には元々、v7のプリインストール版が入っていましたが、エフェクト効果/トランジションの豊富さは相変わらず素晴らしい。そして、プリインストール版では不可能だった、マルチトラック(映像は16トラック、音声は4トラック)での編集が可能。動画編集において当たり前の機能ではあるのだけど、やっぱり嬉しい。
動作の安定感は、軽さ/レンダリングの速度も含めて上々。各々の環境で全く変わってくる所だとは思いますが、この類の作業はこまめな保存が必須ですし、余程の低環境、もしくは相性悪じゃなければ、相場/価格以上の活躍を期待出来ると思います。

- Windowsムービーメーカーとの簡単な比較 -
私的にはWindowsムービーメーカーも優秀な動画編集ツールだと思いますし、かなりの使用頻度でもあります。
特にエフェクトからエフェクトに繋ぐ/多重エフェクトの管理、や、映像のクロスフェードが容易、効果のかけ具合の調整など、各種製品版にも劣らない利便性と操作性を持っていると思います。
やはり、タイムラインを映像/音声、それぞれ1トラックしか持てないのが最大のネックですが、1本素材の動画編集をするならWindowsムービーメーカーでも十分かも知れません。軽いしね。
複数の動画を併せて使うにはPowerDirector、1本素材の動画編集、もしくは事前作業にはWindowsムービーメーカー、という方向で使い分けていくと思います。
そんなこんなで、あり合わせの動画で機能を色々試してみよう、と思いつつ、収拾がつかなくなった動画 ↓ ( BGMは ⇒ yourmusic+ サウンドビジュアライザー と同じ 蛾 - Moth - imorin )
もっとグリグリと動かす予定でしたが、ノープラン過ぎてグダグダに。中途半端で打ち切りました。久々にプランをしっかり立ててガッツリ造り込みたいな・・・


[ HOME ]


▲ Page UP ▲

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。