2013年02月24日現在 再開準備中
ほんのりこちらで活動中 ⇒ imorin on 創作活動 - 休憩処

2010年12月31日

【TMN SONG MEETS DISCO STYLE/Dave Rodgers】

思い出の1枚 ⇒ TMN SONG MEETS DISCO STYLE / Dave Rodgers
TMNソング・ミーツ・ディスコ・スタイル.jpg
1.WILD HEAVEN
2.COME ON LET'S DANCE
3.SELF CONTROL
4.DON'T LET ME CRY
5.GET WILD
6.RESISTANCE
7.COME ON EVERYBODY
8.DIVE INTO YOUR BODY
9.TIME TO COUNT DOWN
10.LOVE TRAIN
以前所有していましたが、訳あって手放した思い出の1枚を取り戻そうシリーズ、TMN SONG MEETS DISCO STYLE / Dave Rodgers,
↑ をAmazon経由 鈴木電気とやらから購入。12月とは言え、上旬早々に支払い手続きを終えたのに足立区から千葉まで到着が2週間近くもかかったのはどうだったんでしょうか?と言うところと、梱包も素人やり取りのような激しく簡易梱包で、どうも有り難う御座いました。
そんなこんなで、もうお世話になることは無いと思いますが、CDの内容は重々把握していたので満足。数あるTM系カバーの中で1番特色を出していると思うデイブ・ロジャース氏のTMNカバーアルバム。収録曲が非常に日本人好みです。RESISTANCEを入れる辺り、さすがです。
GetWildの創り込みが他に比べ、明らかに高クオリティな所も素敵。
デイブ・ロジャース(Dave Rodgers、本名:Giancarlo Pasquini(ジャンカルロ・パスクィーニ)、1963年2月21日 - )は、イタリア・マントヴァ出身(在住)のユーロビートミュージシャン、作曲家、音楽プロデューサー。
安室奈美恵、MAX、V6、安西ひろこなどのプロデュースを手がけた事で日本でも逸早く名を挙げたユーロビート作家の一人で、avex traxとは約10年もの長期独占契約を結んでいる。独占契約も終わった現在では「Farm Records」等のユーロレーベルにも楽曲が収録されるようにはなったが、依然としてavex traxへの楽曲提供は継続中である。
*Wikipediaより抜粋
そんなこんな人。90年代初頭のダンスミュージックブームからユーロビートブーム時に日本でもブイブイ言わせていた人ですが、頭文字D辺りで耳にしている人も多いはず。
こんなカバー/アレンジスタイルセンスに憧れる今日この頃でした。

posted by imorin at 20:17 | Comment(8) | TrackBack(0) | Others Diary> - Others on Others | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月30日

【ジョージア ポイントプログラム当選・其の参 / 日本コカ・コーラ】

そんなこんなの ↑ ジョージア ポイントプログラム懸賞ですが、少し前にまた当選していました。Thanks!!
⇒ 前々回⇒ 前回 に続いて、相変わらずのYahoo!ポイントです ↓

ポイントプログラム.jpg

Yahoo!オークションへの参戦もご無沙汰気味で、ポイントの使い道も定まらない昨今ですが、貰える物は素直に嬉しく、ご馳走様です。
そんなこんなで、久しぶりのブログ更新でした。

2010年12月09日

【MHP Tunnel/PSPアドホック通信ツール】

先日、MHP3の為に再導入したXLink kaiですが、遊んでいる時間よりも、あ〜だこ〜だと、接続に手間取っている時間の方が明らかに長い今日この頃、Twitterから良さげなツール情報を頂きました ↓
⇒ MHP Tunnel
要はXlink kaiと同様に、遠く離れたPSP同士を、PCと無線LANアダプタを介して繋げるツール。
用意されたサーバーへと皆で接続をかけるXLinkとは違い、独自に解放サーバーを作成し、そこへ招待する感じ。不特定多数の接続が期待出来ない分、所謂、野良遊びが難しかったり、何かしらの手段で事前連絡が必要になりますが、最低限の接続人数にコントロール出来るので、回線混雑の影響を受けないのがポイント。
MHPTunnel.PNG
非常にシンプルな画面構成と基本設定です。
流れとしては、⇒ こちら からMHP Tunnelと必要ソフト( ⇒ WinPcap )をインストール。

皆を招待するホスト側になる人はサーバー設定が必要になるので、この辺り ↓ の便利ツールを使い設定をします。
⇒ 開放くん
必要なポート開放を簡単に行なえる、ポート開放ツール。

⇒ グローバルIP&ホスト名を表示サービス
招待する際に必要になるグローバルIPを教えてくれるサービス。PCの起動毎に変化するので注意。

後は必要な情報を招待したい人へ教えて、MHP Tunnelに入ってもらう感じ。
無線LAN子機の設定は、XLink kaiと同様なので、kaiへの接続経験がある人はそのまま利用できます。無い方も、この辺 ⇒ XLink Kai に対応している無線 LAN アダプターのリスト から適当に選んで設定をすれば、稀に例外は発生しますが基本的にはOK。

で、昨夜早速、情報を送ってくれたGiulioさんとテストを兼ねて接続してみました。結果、1時間もかからず設定は完了。1撃でオンライン集会浴場にて合流。クエストも難なく終え、接続の安定性も良好な様子でした。素晴らしい。
今回は、Giulioさんがホストを担当してくれたので俺の負担はツールのインストールと設定だけでしたが、次回はホストサーバー立てもマスターしておきたい感じです。
とりあえず、内輪だけでの遊びに限定するなら、Kaiよりこちらの方が安定性の面から優秀な気配はあります。
名前にMHPとありますが、基本的に接続形式は同じはずなので他ゲームでもいけるはず。
と言う訳で、一瞬PS3の導入を検討した俺ですが、しばらくはMHP Tunnelでプレイしつつ、同志を募ろうかと思います。


[ HOME ]


▲ Page UP ▲

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。