2013年02月24日現在 再開準備中
ほんのりこちらで活動中 ⇒ imorin on 創作活動 - 休憩処

2011年06月25日

【VideoStudio Pro X4 通常版 / 動画編集ツール】

相変わらず、帰宅後のメールチェック時には目ぼしい物が在庫切れになっているAmazon Vine 先取りプログラム。( ⇒ こちら )
そんなこんなですが、今月はCorelのビデオ編集ソフト VideoStudio Pro X4 通常版 をチョイス。
やたらと編集系ソフトを頂いている気もしますが、特徴あるツールは幾つかあっても困らないし、使い分けも出来る日が来るかも知れません。
他所のレビューを見ると、システムに不安定を及ぼす作業どころではない不安定度、と酷評が多く、ある意味楽しみだったわけですが、幸いにも我がPCの環境では絶賛好調キープ中です。
vista 32Bit Intel Core2 Quad CPU Q8300 2.50GHz, / 4.0GB RAM / NVIDIA GeForce GT 120、という高性能とは言い難いロートル間近のPCスペックなので、スペックの問題ではない環境依存による不具合が少なからずある様子。

そんなこんなで、VideoStudio Pro X4。昨今、絶賛活躍中だったPowerDirector 8 Ultra( ⇒ こちら )と比べてどうか?、という点が私的にはポイントでしたが、シーケンス制御も快適で、テキスト周りもテンプレの充実と共に良好。また、エフェクトや補正制御も多く、高機能だと感じました。
動作もこのPCスペックでそこそこ速く安定しているし、昨今のPC性能で安定していれば、11年連続国内シェアNo.1! プロ仕様のテキスト編集が魅力!、という公式アナウンスも肯ける逸品。
3D出力に対応していてメガネも同梱されていましたが、今はまだ環境依存度が高過ぎる3D動画に興味は無いので今回はスルー。
まずは、前々から気になっていた、ストップモーションアニメ作成機能を試してみました。
と言っても、指定した静止画を一定間隔で繫いでくれる機能だったので、正直Windowsムービーメーカー等でも時間さえかければ可能な範囲なんじゃないか?なんて思いながらの作業でした ↓
(webカメラやDVカメラを繫いで、リアルタイムに撮影しながらモーションを作成していく機能もある様子なので、こちらの機能が本命かも知れません)
余談ですが、豊富なBGM素材とカスタマイズ性は今まで触った同系統のツールの中ではぶっちぎりの逸品でした。俺には、自作曲、という拘りがあるので使用する事はありませんが、とても良く出来ています。

BGMはイモリン ⇒ GarageBand for iPad
被写体は ⇒ 【ニードルフェルト / 不思議キャラクターストラップ】
撮影 ⇒ SONY Cyber-shot DSC-WX10



2011年06月20日

【ガンダムWで8Bit Style / ファミコン風味】

そんなこんなで、アニメソング、新機動戦記ガンダムWで8Bit Style。
アニソン - DTM - ファミコン風味アレンジシリーズ。
環境は、DAW - FLstudio VST - Magical 8bit Plug + FAMISYNTH-II + ICECREAM

ガンダムは昔も今も好きですが、このガンダムWは珍しく、曲から入ったガンダム。CMでバーチャファイターのDURAL風貌のCGキャラクターが、ポップなシンセサウンドにノッて踊っていたのが印象的で、なんぞや?と思っていたら、新機動戦記ガンダムWのOP主題曲(TWO-MIX)でした。
後に、声優・高山みなみ嬢がボーカル/作曲をこなしている事を知り、不思議な驚きを感じたのも覚えています。
このガンダムW、ジャニーズガンダムの異名を持っていたりもしますが、私的には好きなガンダムです。珍しく、観ていても考える事が少なく、頭を使わないでフワフワと観ていられるガンダム。
そんなこんなで、TV版 前期OPのJUST COMMUNICATIONと、OVA版 Endless WaltzからWHITE REFLECTIONです ↓




関連記事 ⇒ 【8bit音源/Magical 8bit Plug/FAMISYNTH-U/フリーvst/その他諸々】
関連記事 ⇒ 【ICECREAM / ファミコン風味VSTi Free】
posted by imorin at 01:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | Others Diary> - アニメ / 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月18日

【スペースインベーダー インフィニティジーンLite / iOS App】

スペースインベーダー (Space Invaders) とは、株式会社タイトーが1978年(昭和53年)に発売したアーケードゲーム。これを初めとする同社の後継製品、他社製の類似商品・模倣品を総称してインベーダーゲームと呼ぶ。
*Wikipediaより
そんなこんなのインベーダーゲーム。それ程興味が強いゲームではありませんでしたが、非常にCoolな風貌に魅かれて、iOS版のインフィニティジーン Liteを遊んでみました。
所謂、無料版という名の体験版 ( ↓ for iPad2 )。
超カッケェ!! 一見ただのインベーダーリメイクか?くらいの印象ですが、絶妙な演出と共に、どんどんCoolな風貌に変化して参ります。この辺り、体験版としてのボリューム演出もイカしてます。
何から何まで、センスが輝く逸品。
フルバージョンは2011/06/18現在¥600-。買ってしまいそうです。
前代未聞の新システムをひっさげ、伝説のシューティング「スペースインベーダー」が「進化」を遂げて帰ってきた!
スタート直後は昔ながらのインベーダーかと思いきや、プレイするほど自機が、ステージが、ゲーム自体が「進化」して、全く異なるゲームになっていく!
キミだけの進化系統樹を作り上げろ!!
*公式アナウンスより

posted by imorin at 19:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | PC & 周辺機器> - Apple 総合 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[ HOME ]


▲ Page UP ▲

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。