2013年02月24日現在 再開準備中
ほんのりこちらで活動中 ⇒ imorin on 創作活動 - 休憩処

2009年10月09日

【FL Studio8徹底入門ガイド DTMならコレにおまかせ!/服部心護(著)】

今更ですが[FL studio 8]解説本 ↓ [FL Studio8徹底入門ガイド DTMならコレにおまかせ!/服部心護(著)]
FL8解説本.jpg

そして、imorinのアマゾンカスタマーレビューから抜粋 ↓
コレがあれば[FL studio 8]の全てが解る!と言ったら疑問符です。微妙に痒い所に手が届かないと言うか。
確かに基本的な打ち込み方、主要ツールの解説は非常に解り易く、読んでいても面白いのですが、本体設定の解説、特にオプションツールの各パラメータに関してはノータッチの部分も多く、DAWとして[謎の設定項目があるんだよね・・・]といった疑問点を全て解決できるほどの解説内容は備えていません。
バージョン毎にリリースされている(?)同本なので、内容の重複を省くと言った点で致し方ない所なのかも知れませんが、本当にFLstudioと共にDTMが初めて、という方のお供には難儀かも知れません。個人的には[FL studio7]の同本の方が新規の方には優しい内容になっていたと思います。

そんなこんなで追記 ↓
繰り返しになりますが、[徹底入門ガイド]と言うには不十分な印象。ピアノロール等のシーケンサー部分の解説はなかなか鋭いので、確かに[DTMが初めて]、という方への基本的な打ち込み方フォローという点では良い内容でしたが、[FL studio]でDTMを1から学ぶ、と言った点ではかなり微妙。[FL studio]ならではの主要ツール解説に固執しすぎている感じです。
勿論重要な部分だとは思いますが、[DAW]としての基本的なオプション部分の解説は不十分ですし、DTM初心者向きというよりは、ある程度DTMに触れていて、他DAWから乗り換えをした人向きな印象です。
過去の別バージョン同本との重複を考えると致し方ない所ですが、[日本語版]が存在しないDAWなので、もっと基本的な(DAWとしてのオプション設定等)から解説をしてこそ、[徹底入門ガイド]と呼べるのではないでしょうか。
昨今[FL studio 9]がリリースされましたが、[日本版パッケージ]が発売されれば、同本9バージョンも発売されると思います。どういった内容で攻めて来るのか、今から非常に楽しみで御座います。


- 関連記事 - 【FL studio 9/DEMOに触れる/其の@】


posted by imorin at 03:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | DTM & Creation> - DTM 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

[ HOME ]


▲ Page UP ▲

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。