2013年02月24日現在 再開準備中
ほんのりこちらで活動中 ⇒ imorin on 創作活動 - 休憩処

2010年04月21日

【PC用セガサターンエミュレータ/SSF】

本屋さんでPC雑誌を眺めていたら、うっかり見つけたPC用セガ・サターンエミュレータ/SSF
公式 ⇒ SSF
暇だったので試してみました。今回起動してみたソフトは、[Techno Motor (テクノモーター)]
- ココ -でも少しふれていますが、このソフトに出逢わなければDTM&打ち込みに今のここまでハマり込まなかったかも知れない、と言えるくらい俺が愛したシーケンサーソフトです ↓
- SS用シーケンサーソフト Techno Motor (テクノモーター) -
テクノモーター.JPG

語り出すと思い出深く、本題に入る事が困難になるので割愛しますが、非常にグッとくる1本です。
で、PC用SSエミュレーター/SSFですが、特に設定を弄る事無く(コントローラ設定のみ)ですんなり起動。詳細は- SSF公式 -を御覧頂くとして、非常に快適な動作を確認できました。(今回試したソフトが動きも激しくないし、緩い感じなのかも知れませんが)
ちなみに、イメージファイルでも起動出来るようですが、吸い出すのも面倒なのでドライブにCD-ROMを挿入してそのまま起動。便利な世の中です。
そして動画を撮ってみたわけですが、さすがにここでもたつきが生まれました。最初は- アマレココ -での撮影を試みましたが、動きはともかく、肝心の音にもたつきが強く断念。そこで、たまたまアップデートの告知が来ていた ⇒ GOM PLAYER -をバージョンアップしてみたところ、動画キャプチャーツール ⇒ Bandicam -もオマケでいかが?的なアナウンスが。駄目元で試したみたところ、アマレココよりも軽く、まぁ許容範囲と言える動画が録れました。無料版では撮影動画にロゴの透かしが入るようですが、この程度の動画でしたら無問題。音声もなかなかクリアだし、アマレココ程の詳細設定は不可能ですが、ちょちょいとお手軽に撮るには十分な機能だと思います ↓

- PC環境スペック -
Intel Core2 Quad CPU Q8300 2.50GHz, / 4.0GB RAM / NVIDIA GeForce GT 120
やはりノートが増えてくると多少の音のもたつきがありますが、キャプチャツールを起動していなければこのスペックでも余裕です。まさかPCでテクノモーターを弄れるとは・・・嬉しい限りです。
今度はもっと動きの激しいゲームを遊んでみたいな・・・


関連category ⇒ 【imorin on YouTube】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

[ HOME ]


▲ Page UP ▲

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。