2013年02月24日現在 再開準備中
ほんのりこちらで活動中 ⇒ imorin on 創作活動 - 休憩処

2010年05月10日

【TASCAM US-144MKU/USBオーディオインターフェース】

サブPC、DTM環境改善計画第一弾 オーディオインターフェース。
現存するDAW的打ち込み特化のメインPCとは別に、機材遊び的宅録環境スペースを別枠で目指そうサブPC、そんな贅沢な音遊び的環境改善計画が進行しております。そもそもは、我が家のスペース的に両者を1ヵ所で完結させるのは困難&面倒臭い、という所からスタートしたこの計画。
参照記事 ⇒ 【Roland GrooveBox MC307/Contact of the 2day】
当時、メインPCのDTM環境作りに本腰を入れ始めた際、最も効果を実感できた周辺機器はオーディオインターフェース。そして、サブPCの録音環境を何とかしたかった、というわけで、まずはオーディオインターフェイスを導入いたしました ↓
- TASCAM US-144MKII USB2.0オーディオ/MIDIインターフェース -
TASCAM us144mk2.jpg
公式製品概要 ⇒ COMPUTER I/F US-144MKII

多機能、低価格、高評判ということで、このTASCAM US-144MKIIを選択。閉店間際の石橋楽器津田沼店で先日購入してまいりました。最終的にはオーディオミキサーと組み合わせる事を考えると、1ランク下のUS-122MKIIでも良かったのですが、然して価格が変わらない事からUS-144MKIIにしてみました。(両者の大きな違いは、COAXIALデジタルI/O、4入力4出力、ヘッドホンとラインの出力が独立コントロール可能、くらい?)
導入してみた印象。当然ですが、出音のクリア感と録音の質はオンボードとは比較にならないほど上方変化しました。ASIOドライバに関しては正直、フリーのASIO4ALLでも困っていなかったので感動は薄。
本当ならメインPCで絶賛活動中のEDIROL UA-4FX( 参照記事 ⇒ 【USBオーディオインターフェース/EDIROL/UA-4FX】 )と比較したレビューが書ければいいのですが、使用PCやモニタースピーカー等、完全な同条件下での比較は不可能なので、主観的感想になります。
音質/出音に関しては、US-144MKIIの方が優秀、という話題を聞いていましたが、俺はUA-4FXの方がクリアで自然な出音に感じました。( * 繰り返しになりますが、完全なる同条件下での比較ではありません * )
サンプリングレベルは公式発表上、全く互角の24ビット96KHz対応、このレベルで録れれば俺の様な素人には勿体無い程です。デザインに関しては趣味の問題ですが、UA-4FXの方がコンパクトで好き。ただ両者に言える事ですが、各ツマミが軽くて安っぽい。この価格帯だとどれもこうなのかな?非常に軽いです。UA-4FXには3系統12種類の音質補正機能が搭載されていますが、この段階で調整するのは創りの際には[無い]ので、私的には不要。聴き専環境だったら便利かも?、程度。逆にUS-144MKIIにしかない機能として、ヘッドホンアウトとラインアウトの出力ボリュームが独立、これは深夜地味に嬉しい。UA-4FXだと、スピーカーへの出力を絞るとヘッドフォン出力も落ちるんです、正直意味が無い。加えてUS-144MKIIには、INPUTとPCからの出音を相対でバランス調整できるツマミが搭載されていますが、バランスではなくてINPUTボリュームとPCボリュームが独立で存在したほうが便利だったかな・・・
そして、PC周辺機器として俺が最も重要視する点、安定性。メインPCはOSがWinXPだったので選択肢は広く持てたのですが、今回のPCはOSがVistaで御座います。この段階で過去の名機は全滅に近かったわけですが・・・US-144MKII in Vista、今のところ特に問題が発生する事無く動作しております。が、VistaOSに限らず、様々なドライバとの相性による不具合報告は若干数存在しているようです。(瞬間的な異常CPU使用率.etc) 致命的とまではいかないまでも、やはりこの辺りの安定性は定評あるUA-4FXの方が優秀かな、と思います。
その他、MIDIインターフェースとしては、US-144MKII in PCでは別途UM-1EXで接続している為未確認。ただコレで独立2ポート持てるので、FLstudioをホストとしたMIDIコントロール遊びがより一層楽しくなりそうです。
結論としては、実売価格にして数千円高くつきますが、UA-4FXの方が無難かなーと思いました。ただ、どうせUAシリーズを買うならUA-25EXを・・・でも予算が・・・なんて迷っていると、US-144MKIIに辿り着きます。そんなこんなです。
さて、続いてのDTM環境改善計画/実機演奏スタイルは、モニタースピーカー or オーディオミキサーです。どちらも目星は付いているので、後は勢いだけで御座います。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

[ HOME ]


▲ Page UP ▲

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。