2013年02月24日現在 再開準備中
ほんのりこちらで活動中 ⇒ imorin on 創作活動 - 休憩処

2010年05月14日

【maxell HP-CN01 カナルタイプ/格安イヤホン】

日常的に音楽を聴く、という文化から遠ざかって久しい昨今、部屋にはMD&CDが壊れていて聴けないMD・CDコンポしか無かったりします。それでも、ポータブルオーディオプレーヤーは持っていたりします。(Creative ZEN 無印)
収録曲は、大半が自作曲&友人の楽曲、そして友人から薦められたメジャーアーティストが少々、という内容。音を聴き取るDTMという観点では、なかなか環境構築に燃える日々ですが、音楽鑑賞という点では、興味は無いに等しい感じだったりします。
そんな音楽鑑賞環境ですが、基本的に外でしか聴かない(大半は自作曲の確認)、程度なので、全く環境整備にお金をかけていません。愛用イヤホンは、知る人ぞ知る、ザ・ダイソー旧型525円 雫タイプ でした。もはや手に入れるのは困難なので詳細は割愛しますが、値段からは想像ができない高(?)音質です。そんな愛用イヤホンがある日突然断線いたしまして、後継イヤホンを同じく百円ショップ シルクで購入。(正真正銘の¥100-モノ) これもしばらく使ってはいたのですが、半端じゃなく酷い音質。Creative ZENに付属していたイヤホンも相当に酷かったのですが、勝るとも劣らない良い勝負。まぁそれでも、暇つぶしに自作曲の確認が出来ればいい程度の用途なので使い続けていましたが、使い続けるにつれて音質の変化が著しく、良くなる所か耳障りこの上ない音質に変化してまいりました。これは耐えられない!!、ということで急遽イヤホンを購入してまいりました ↓
- maxell カナルタイプイヤホン HP-CN01 -
HP-CN01-1-1.jpg
HP-CN01-2-2.jpg

ヨドバシカメラ千葉店にて¥980-。( 公式製品概要 ⇒ maxell HP-CN01 )白しか在庫が無かったので手持ちは白です。選んだ理由は、L型プラグだった事と、マクセルで1番安かったから。物凄く勝手&根拠の無いアレですが、マクセル&TDKが、俺の中で音質重視のイメージ。(全く製品は持っていませんが過去のイメージ)
- 感想 - 980円とはいえ、それまで使っていたイヤホンの約10倍の代物。悪くなりようがありませんでした。使い初めからいきなり、低音に嘘くさい強さがあるのが気になりますが(某BOS○的な)、出ないよりはマシ。低・中域が非常に強いので影が薄いのですが高域もこんなモノじゃないか?という印象。
上を見るとキリが無いほど高級なイヤホンが存在しますが、どれだけ凄い世界なんだろうか。作られた迫力音だったらDTM的には逆にお荷物なわけですが、高解像度・嘘の無い自然な出音、みたいな凄腕も存在するのかな?まぁ全く興味がありませんし、1000円でこれだけ満たされる、自分の安さに満足です。



posted by imorin at 23:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | PC & 周辺機器> - 周辺機器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

[ HOME ]


▲ Page UP ▲

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。