2013年02月24日現在 再開準備中
ほんのりこちらで活動中 ⇒ imorin on 創作活動 - 休憩処

2011年01月10日

【Pioneer CDミニコンポーネントシステム / X-CM30】

音楽活動や楽器弄り、DTMが日課、というわりには音楽を聴く、という環境が全く無い俺の部屋。
基本的に音は好きだけど、音楽は然程好きじゃないらしい(その昔は聴いていました)、という俺ですが、昨年購入した ⇒ 【iPod touch 第4世代 MC544J・A/購入】 を機に音楽を聴く、という文化を取り戻しました。
で、iPodドック付きのCDコンポが欲しいな〜、なんて思っていた事をすっかり忘れていた先日、思い立って購入してきました ↓


Pioneer X-CM30、例の如く、ヨドバシカメラ千葉店での購入です。余談ですが、モバイルヨドバシで下調べをした価格と、店頭価格の差が¥5,000-近くあり(モバイルの方が安かった)、結果モバイル価格で対応してもらいました。こういうケースは別に何とも思わないのですが、IT時代の昨今、店頭販売員の苦労は諸々大変だろうな、と思いました。
で、X-CM30。正直、この価格帯でiPodドック付きと考えれば、もっと良質で出力も大きいナイスコンポも存在したのですが、店頭で視聴した所、出力のわりに非常にフラットな音質感に感銘、コレに決めました。視聴する上で、自作曲や視聴専用ループなんて持参できると、ちょっと得した気分になります。謎の音源が流れて、店員さんが困惑するのが忍びないですが。
で、もう1つ重要だったのが、外部からの入力(RCA端子)。デジタル楽器遊び好き&限られたスペースしか無い環境ではなかなか重要です。先に言った、同価格帯でもっと良質なコンポだと、大体がステレオミニ入力しか無いんだよね、不思議。ポータブルオーディオ級の接続なら問題無いのでしょうが、オーディオミキサーを介して、これから音を創ろう!!みたいなデジタル楽器の接続には不安が大き過ぎます。
元々、そんな用途は想定されていないのでしょうが、省スペースで諸々をこなそうと思うと重要なんです ↓

F1000086.JPG

そんなこんなで、Pioneer CDミニコンポーネントシステム X-CM30。サブPCラックに同居させていて、結局の所、音楽活動では ⇒ 【TASCAM VL-M3/小型モニタースピーカー】 からの出力になっていますが、12W+12Wとは思えない音圧出力と程よい解像度は、きっと将来役に立つに違いないと思っております。
ピアノブラック基調を=高級感とは感じれない俺的には、汚れが目立つし安っぽいな、という印象ですが、無駄にラジオの感度が良かったり、上記にあげた諸々の理由により、満足な逸品でした。
そして自作曲がコンポから流れるって妙に感動するね。もう10年も続いているDTM活動で今更な話ですが、ちょっとモチベーションが上がりました。



posted by imorin at 18:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | PC & 周辺機器> - 周辺機器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

[ HOME ]


▲ Page UP ▲

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。