2013年02月24日現在 再開準備中
ほんのりこちらで活動中 ⇒ imorin on 創作活動 - 休憩処

2011年05月07日

【低価格イヤホン 鉄板 / PHILIPS SHE9700】

知る人ぞ知る、ダイソー旧型525円 から始まり → maxell HP-CN01 (980円) → PHILIPS SHE9700 (2,480円 ヨドバシ店頭価格)と、今回は少し背伸びをしてみた、某巨大掲示板群で話題の低価格イヤフォン鉄板シリーズ。

正直、イヤホンのような消耗品にお金をかける気はないし、本当の音は、その音源の作り手にしか判らない以上、どんなに高級機でも結局のところ、音の趣味の問題、で話が終わるオーディオ機器。
幸い(?)俺は一応、音を創り楽しむ事を趣味としているけですが、何となく気分転換に購入してみた今回のPHILIPS SHE9700。
バスドラやベース音にBOSE系とはまた違う嘘くささを感じます。低音重視のドンシャリって言うのかな?
実はこれが世間一般の耳に入っている音なのか、コレだからこうなのか、考えても無駄なんだけども・・・少なくとも俺の曲には合わなかった。
雑踏の中で聴くには丁度イイのかも知れないけど、静寂の中で聴くと低音が少々鬱陶しい。言うほど高音も綺麗に出てないし。
特に悲しかったのは、定位を筆頭にした解像度が狭いところ。エージングも全くだから何とも言えないけど、コレはちょっと狭い。奥行きはなかなかイイ感じだけど、パン遊びの部分はあまり楽しめないかも。
悪く言うと低音が篭って響くので、ダンスフロアな感じ、が好きな人には程よい重低音かも知れませんが。
フラットな自然音だったら ⇒ 【maxell HP-CN01 カナルタイプ/格安イヤホン】 の方がお薦め。
オーディオマニアだったら、エージング処理時間も含めて音の個性を楽しめる(?)んでしょうが、作り手からしたら、もうコレ基準で!! で決めてかからないと禿げるよね。
何度もしつこいですが、いずれにせよ、やっぱり本当の音は作り手にしか判らない、音は趣味の問題でした。
ちなみに、フィット感はなかなか良いけど、風きり音は強め。コードの引き回し癖はCN01に比べて良い感じ ↓


さらにこちら、収納ポーチが付いてきます。コレが無駄に良い作りで、イヤホンの収納以外に活用できそう。むしろ、イヤホンを収納する文化が俺には無いのでアレなんですが、小さいけどクッション性も良くてSDカードとか入れておくのに良いかもね ↓
she9700-2.jpg



posted by imorin at 15:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | PC & 周辺機器> - 周辺機器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

[ HOME ]


▲ Page UP ▲

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。