2013年02月24日現在 再開準備中
ほんのりこちらで活動中 ⇒ imorin on 創作活動 - 休憩処

2011年05月14日

【任天堂DS用音楽ツール KORG M01 / 今更ですが買いました】

昨年、KORG DS-10に続くシリーズとして発売されていたニンテンドーDS用音楽ツール・ソフト KORG M01 ⇒ 詳細はこちら
事前情報の段階から欲しかった代物でしたが、Amazon限定販売、という点がいまいち気に入らなくて放置しておりました。
が、ゲーム機が好き、DTMが日課、と言っておきながらこのソフトを持っていないのはナンセンスだろう、と、ふと思い立ち購入。
物凄く今更ですが、先日Amazonから届きました。

説明書も読まず、猿の様に没頭していた到着夜でしたが、非常にシンプルかつツボを押さえた機能周り。
KORG DS-10は音作りを楽しむことを主とした作りでしたが、KORG M01は完全に楽曲作成を主とした内容。
音作りを楽しめない分、楽曲作成周りの機能が整頓されていて(ソング組みを含め)とても使い易い。
コピペやループ制御など、今1歩感な操作性面もありますが、モバイルガジェットとしては十分な機能だと思いました。
ゲーム機での音楽弄りと言えば、マリオペイント(SFC)、デザエモン(SFC)、音楽ツクール かなでーる(SFC & PS)、テクノモーター(SS)等があり、私的に同種の中では ⇒ テクノモーター(SS) がぶっちぎりの逸品でしたが、いよいよその牙城を崩す音楽ツール・ソフトが現れました。
昨今のPCでのDTM環境に慣れ親しんでいると、面倒臭い、と思う部分が多々ありますが、このツールで楽曲作成を楽しむ主な目的は別の次元にあるモノなので、その辺を何となく理解していて、ゲーム機が好き、ならば触っておかないと損をする音楽ツール・ソフトだと思います。
単純にモバイルシーケンサーなら ⇒ YAMAHA QYシリーズ でイイんじゃないか?と思う瞬間もありますが、任天堂DSで弄っている、という感覚は想像以上に楽しさを増幅してくれる事でしょう。
迷っているそこのあなた、買ってしまいなさい。

そんなこんなで、猿のように遊び始めた時の模様を撮った映像(ダイジェスト) ↓
リズムパターン&ベースラインを組んでいる動画と、そこで作ったパターンを流しつつ、KAOSS MODEで遊んでいる動画。
(KAOSS MODEのデキは素晴らしいよ)



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

[ HOME ]


▲ Page UP ▲

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。