2013年02月24日現在 再開準備中
ほんのりこちらで活動中 ⇒ imorin on 創作活動 - 休憩処

2011年06月25日

【VideoStudio Pro X4 通常版 / 動画編集ツール】

相変わらず、帰宅後のメールチェック時には目ぼしい物が在庫切れになっているAmazon Vine 先取りプログラム。( ⇒ こちら )
そんなこんなですが、今月はCorelのビデオ編集ソフト VideoStudio Pro X4 通常版 をチョイス。
やたらと編集系ソフトを頂いている気もしますが、特徴あるツールは幾つかあっても困らないし、使い分けも出来る日が来るかも知れません。
他所のレビューを見ると、システムに不安定を及ぼす作業どころではない不安定度、と酷評が多く、ある意味楽しみだったわけですが、幸いにも我がPCの環境では絶賛好調キープ中です。
vista 32Bit Intel Core2 Quad CPU Q8300 2.50GHz, / 4.0GB RAM / NVIDIA GeForce GT 120、という高性能とは言い難いロートル間近のPCスペックなので、スペックの問題ではない環境依存による不具合が少なからずある様子。

そんなこんなで、VideoStudio Pro X4。昨今、絶賛活躍中だったPowerDirector 8 Ultra( ⇒ こちら )と比べてどうか?、という点が私的にはポイントでしたが、シーケンス制御も快適で、テキスト周りもテンプレの充実と共に良好。また、エフェクトや補正制御も多く、高機能だと感じました。
動作もこのPCスペックでそこそこ速く安定しているし、昨今のPC性能で安定していれば、11年連続国内シェアNo.1! プロ仕様のテキスト編集が魅力!、という公式アナウンスも肯ける逸品。
3D出力に対応していてメガネも同梱されていましたが、今はまだ環境依存度が高過ぎる3D動画に興味は無いので今回はスルー。
まずは、前々から気になっていた、ストップモーションアニメ作成機能を試してみました。
と言っても、指定した静止画を一定間隔で繫いでくれる機能だったので、正直Windowsムービーメーカー等でも時間さえかければ可能な範囲なんじゃないか?なんて思いながらの作業でした ↓
(webカメラやDVカメラを繫いで、リアルタイムに撮影しながらモーションを作成していく機能もある様子なので、こちらの機能が本命かも知れません)
余談ですが、豊富なBGM素材とカスタマイズ性は今まで触った同系統のツールの中ではぶっちぎりの逸品でした。俺には、自作曲、という拘りがあるので使用する事はありませんが、とても良く出来ています。

BGMはイモリン ⇒ GarageBand for iPad
被写体は ⇒ 【ニードルフェルト / 不思議キャラクターストラップ】
撮影 ⇒ SONY Cyber-shot DSC-WX10



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/211849115

この記事へのトラックバック

[ HOME ]


▲ Page UP ▲

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。