2013年02月24日現在 再開準備中
ほんのりこちらで活動中 ⇒ imorin on 創作活動 - 休憩処

2013年02月27日

【マジンガーZ OP曲 - 8Bit Style on YouTube】

そんなこんなで、先日より始めました、再開準備と云う名の身辺整理。
空白の時の間にこしらえていた創作活動の内容が中心になりますが、その活動内容も大きく偏りを持ち始めていた時期で、ココのブログではカテゴリ等々、収まりがつかなくなっておりました。
なんですが、詳細なカテゴリ分けを実施すると、過去の投稿内容の修正も必要になってくるし、それこそ収拾がつかなくなりそうだったので現存のままで続投。
その空白の時に最も活動的だった、アニソン8BitStyleRemix。この辺り、8Bitと云う認識やクオリティ、しょっぱい拘り等、突っ込み所が満載なんですが、長くなるし、言い訳じみるので今回は割愛します。

そんなこんなですが、今回はアニメ版マジンガーZのOP曲で8BitStyle。
元々スーパーロボット大戦の初期からレギュラー化していたし、 今更8Bit化も何もないんじゃないの?、と自分自身でも思っていましたが、俺の8BitStyleは所謂、制約の厳しいファミコンBGMを意識したものではない、と云うひねくれた思いと、基本的に行き当たりばったり、思い立ったら何とやら、で創作。

『マジンガーZ』(マジンガーゼット)は、永井豪作の漫画、およびそれを原作とする東映動画のアニメ作品。その作中で主人公が乗り込む巨大ロボットの名称でもある。
同じ永井豪原作の東映動画作品である『デビルマン』についての打ち合わせの席上で、新たな提案をきっかけに企画が始まった作品であり、原作者による連載漫画と東映動画によるTVアニメが同時進行に近い形で世に送り出された。
永井豪は、渋滞に巻き込まれた自動車を見ていた時に、「自動車から脚が延びて前の車を(またいで)乗り越えていけたらいいのに」と感じたことが“乗り込んで操縦するロボット”の着想の根源になったと方々で語っている。永井は、子供の頃夢中になって読んだ『鉄腕アトム』や『鉄人28号』といった「ロボットもの」の、それらとは全く違う設定の作品を描いて見たいという願望があったというが、着想としては「ロボットもの」の分野に新しい設定を持ち込んだというよりは、乗り物の解釈を拡大してロボットに行き着いた……というものになっている。これは、作品が『エネルガーZ』または『アイアンZ』と呼ばれていたまだ初期の頃の構想で、「主人公が乗ったバイクがロボットの頭部に登り、合体し操縦する」という設定であった点からも読み取れる。ただし、この設定は当時人気の絶頂期にあった『仮面ライダー』に類似するという理由で、飛行メカのホバーパイルダーによる結合方式に改変され、バイク=コクピットという案は後にダイアナンAの操縦方法として流用された。

*Wikipediaより

マジンガーZ 主題曲 - オープニングテーマ
DTM - 8BitStyle Arrange
DAW / FLstudio9 - VSTi / Magical 8bit Plug + FAMISYNTH-II + Peach
Sound Create - imorin



posted by imorin at 20:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | Others Diary> - アニメ / 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/332390132

この記事へのトラックバック

[ HOME ]


▲ Page UP ▲

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。