2013年02月24日現在 再開準備中
ほんのりこちらで活動中 ⇒ imorin on 創作活動 - 休憩処

[DTM & Creation> - DTM 環境 / 機材] ▼ 表示中 / 記事一覧 ▼

2009年12月16日

【YAMAHA QY70/液晶保護シート】

先日オークションで購入した[ YAMAHA QY70 ] ( ⇒ 参照記事 )
1997年に発売された製品ですが、今回購入した本体には当時の液晶保護フィルムが生き残っていました。しかし、年月の流れによる劣化は否めず、粘着が弱くなっている部分があったり、破れ/傷も目立っていたので張り替えてみました ↓ ( クリックで拡大表示 )
QY70 保護フィルム.JPG

↑ 100円ショップ「ザ・ダイソー」で見つけた[ ニンテンドーDSi ]用の非公式商品、液晶保護シートです。一回り小さい感じですが、納まりは非常に良い感じです。画像では把握し難いですが、上部の[ QY70 ]の文字端から、下部の[ YAMAHA ]の文字端までピッタリと納まっています、GJ!!
勿論、液晶の映りにも影響はありません。然程需要が無いと思われるこの情報ですが、お薦めです。

【YAMAHA QY70/モバイルシーケンサー】

比較的最近、YAMAHA QY10を購入したばかりですが、あまりにもこのQY10遊びが楽しいので、後続機である[ YAMAHA QY70 ]を ⇒ Yahoo!オークション で購入してしまいました ↓ ( 諸々込み込み価格で、12,000円程でした。出品者さん、有り難う!! )
YAMAHA QY70.JPG

関連記事 ⇒ 【YAMAHA QY10/モバイルシーケンサー】
YAMAHA公式 ⇒ QY70 製品紹介

まだ30分も触っていませんが、既にQY10との格の違いを感じております。音質はQY10でも十分に優秀したが、音色やシーケンス機能etc.が、素人目にも解るほど段違いに進化しています。リアルタイムでの和音発音やエフェクトの追加、ミキサー画面など、なかなか心が躍ります。
このQY70、同系機種の最新機では無いものの、体感的に「ファミリーコンピュータ」から「ゲームキューブ」くらいまでジャンプアップした感じ。あまりの機能増幅っぷりに戸惑いもありますが、今回はマニュアル紙(PDFではなく)があるので、なかなか心強いです。
・・・ただ、ちょっとデカイな・・・QY10よりも厚みがあって、外出時での遊びには不便を感じそうです。仕方が無い所なのでしょうが、惜しい、惜し過ぎる ↓
QY 比較.JPG


- 12/18 追記 -
関連記事 ⇒ 【YAMAHA QY70/The first step - SONG PLAY】

2009年12月07日

【YAMAHA QY10/first step】

- YAMAHA QY10 モバイルシーケンサー -
すっかり放置気味でしたが、ようやくパターンの打ち込み方を理解し始めたので、YouTubeに音源をアップ ↓

うっかり演奏風動画にしてみましたが、こしらえた1ループをbacking機能で弄っているだけです、サーセン。
SONG MODEの組み方を理解して、もうちょっとマシなレベルまで向上したい所なんですが、ピアノロールやMIDI鍵盤でのソフトウェア的な打ち込み方に慣れすぎた[ ゆとりDTMer ]の俺には、このステップハードシーケンサーはなかなか難儀で御座いました。
しかし、電車の中でも楽しめる玩具としては、やはり抜群の活躍を魅せています。アッと言う間に目的地まで到着します。
このYAMAHA QY10、約20年前の代物ですが、昨今の同系機種には一体どの様な遊びが備わっているのか、激しく気になる今日この頃で御座います。


関連記事 ⇒ 【YAMAHA QY10/モバイルシーケンサー】

[ HOME ]


▲ Page UP ▲

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。