2013年02月24日現在 再開準備中
ほんのりこちらで活動中 ⇒ imorin on 創作活動 - 休憩処

[DTM & Creation> - DTM 環境 / 機材] ▼ 表示中 / 記事一覧 ▼

2009年07月28日

【DTM環境/モニターヘッドホン/FOSTEX T-7M】

Fostex-t7m.jpg

気が付けば、ほんのり風邪っぴきのイモリンです、今日和。

我が家の[DTM環境]ヘッドホン編。
滅多に使いませんが、一応持っている[FOSTEX T-7M]
というわけで、imorinのアマゾンカスタマーレビューから抜粋 ↓

- 用途はDTM -
低価格ながら、非常に評判も良い事から購入。
モニタースピーカーを、同社のPM0.4を使用していますが、音質にも違和感無く、出音も素直ですし、その点は非常に満足しています。
装着感は、圧迫は弱めではありますが、眼鏡との干渉は強めです。
全体的に作りが安っぽく、見た目も好みでは無いので満点とはいきませんが、ヘッドホンの本質は非常に高い品だと思います。

そして追記 ↓

俺はヘッドホンが苦手です。
真夜中の創作活動や、KAOSS PAD遊びに活用したいな、と思って購入したものの、やはり向かず、ホントに細かい音の確認がしたい時にしか使っておりません。
ヘッドホンの本質部分は良いと思うのですが、(特にFOSTEX PM0.4の感じが好きな人)
とりあえず、デザインが微妙過ぎる。趣味の問題だとは思うけど、俺にはこのセンス、判らん。
そして普段、部屋では眼鏡を装着している俺ですが、眼鏡との干渉が結構つおい。
圧迫がそれ程強くないわりに干渉があるから、どうにもしっくりこない装着感。
あまり現品を店頭で目にする機会が無いこちらの商品ですが、うっかり千葉パルコの島村楽器で見つけてしまい、試装させてもらったら好感触だった気がして(店員さんも、ほんのり可愛くて)そのまま買ってしまったものの、ほんのり後悔。
実はその日、[SONY/MDR-CD900ST]の購入が目的だったりしたのですが、値段も段違いだし、どうせ滅多に使わないし、という事で、FOSTEX T-7Mにしたのですけども・・・余計にヘッドホンを使わなくなりました。

くどいですが、本質は良いと思います。この価格で、このパフォーマンスはNiceです。


- 関連記事 - 【DTM環境/モニタースピーカー/FOSTEX PM0.4】

[今日のWikipedia] - ヘッドホン -

2009年07月27日

【DTM環境/モニタースピーカー/FOSTEX PM0.4】

fostex.png

我が家の[DTM環境]スピーカー編。
メインのスピーカーは、[FOSTEX PM0.4]を使用しております。
恒例の、imorinのアマゾン/カスタマーレビューから抜粋 ↓

- 用途はDTM -
まず、この価格帯と、本体サイズに限定したお話になりますが、非常にコストパフォーマンスが高い品だと思いました。
ただの臨場感や迫力では無く、出音が素直で嘘の無いスピーカーを捜していた自分としては、非常に満足です。
一点不満を挙げるならば、各種コントロール系(ボリューム・電源)が背面にあるので、スピーカー本体で音量調節を行う環境では若干不便です。
他社(ヤマハ・ローランド・オンキョー等)同価格帯&サイズの製品も、自作曲を店頭で視聴しましたが、定位・低域を中心に嘘の無い出音といった点で一番気に入りました。
聴き専の環境では無く、DTM等の目的で、かつモニタースピーカー入門と考えると、非常にお勧め度の高い一品です。

そして追記 ↓

そんなこんなで、これは非常にお薦めです。
良くも悪くも、音に嘘が無いので音楽鑑賞には向きませんが、製作中の音の管理が(聴き分け)が非常に判り易い。
そして、省スペースと良い感じですよ。
欠点はやはり、ボリューム/電源の背面仕様と、左右独立電源ですが、電源タップとオーディオインターフェースで無問題。
予算も無い、置くスペースも無い、我がDTM環境ですが、未だにコレよりも良い!!と思えたモニタースピーカーに出逢っていません。サブPC用に、もう一個買っちゃいそうですよ。
買いに行った時に、極端に定位を振ったリズムパターンや、極端な低音/高音の羅列ピアノパターンを、店頭で流して貰って選んだ甲斐がありました。あれは恥ずかしかった(*´Д`*)


- 関連記事 - 【DTM環境/モニターヘッドホン/FOSTEX T-7M】

[今日のWikipedia] - モニター -

[ HOME ]


▲ Page UP ▲

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。