2013年02月24日現在 再開準備中
ほんのりこちらで活動中 ⇒ imorin on 創作活動 - 休憩処

2012年02月22日

【ウイングガンダムができるまで / 組み立てコマ撮り】

そんなこんなで、⇒ さぶろ〜(仮) 辺りからストップモーションに興味を持ち始め、いつかやってみたいと思っていたプラモデルの組み立て模様、コマ撮り動画に手を出しました。
題材は、BB戦士 No.366 XXXG-01W ウイングガンダムEW (新機動戦記ガンダムW)
同じBB戦士のユニコーンガンダムの方がカッコイイなーと思ったのですが、BGMを自作で用意する自信が無かったので、次いでカッコよかった上に即BGMを用意できるウイングガンダムに決定。
さらに当初は ⇒ このノリ でスマートフォン(GalaxyS2)とアプリを使用する予定でしたが、間違いなく長期戦になるであろう、今回の挑戦を前に冷静になって予定を変更。無難に、⇒ SONY Cyber-shot DSC-WX10 で撮影をしました。
(それでも、途中で日が暮れ光源が変わるは、地震がくるは、デジカメの電池が切れるは、三脚を蹴飛ばすは...で散々だったわけですが...)


BB戦士 No.366 XXXG-01W ウイングガンダムEW (新機動戦記ガンダムW Endless Waltz)
ガンダムのプラモデル 組み立て動画 - ストップモーション
撮影 - SONY Cyber-shot DSC-WX10
編集 - VideoStudio Pro X4
BGM - 8bit Style アレンジ - イモリン

今回の撮影総数は865枚、なんやかんやで約7時間ほどかかりました。BB戦士を相手にプラモデル作成の段階で難航したり、そもそもカメラの撮影テクニックがヘタレすぎだったりと、根本的にダメダメだった感じですが、ヘタレなりに次回への反省点は獲得しました。
・日が完全に暮れてから開始する
・移動が判別し易いであろう、方眼紙の上でやる
・ランナーの撮影は手間が増えるだけで面白くないのでいらない
・移動モーションを撮す上で役に立ちそうな、プラモデルの支えに使う何かを用意しておく
・1日で終わらせようとしない
・カメラの撮影テクニックを磨く
etc.
とりあえず、昨今のBB戦士の精巧な作りに感動しつつ、いつの日かまたリベンジしたいと思える、今回の創作活動で御座いました。
余談ですが、動画の作成は ⇒ 【VideoStudio Pro X4 通常版 / 動画編集ツール】 を使用しました。

2012年02月16日

【GalaxyS2で撮る / ストップモーション】

静止物体を少しずつ動かして撮影、等間隔で繋ぎ合わせる事で動画として観せるストップモーション・アニメーション(コマ撮り撮影)
以前にも ⇒ こちら で撮った事がありましたが、コレはデジカメで連続撮影した写真をPC上で編集した物でした。
で、今回は ⇒ 【コマ撮リ! / AndroidOS カメラアプリ】 を使用して、スマートフォン(GalaxyS2)で完結してみようという目論み。
(* 後に動画編集は加えてあります)
Androidアプリ コマ撮リ!、前回は一定間隔のオート撮影モードにて、煙草の燃焼シーンを微速度撮影・タイムラプス的に捉えてみましたが、同アプリの特性として、静止画を任意の間隔で繋ぎ動画を生成してくれる機能があります。
というわけで、今回はマニュアル撮影モードにて物体をコマ撮り撮影、ストップモーションを作成してみました ↓
(被写体は、ZOOLOGYチョコレートのカエルさん)


やりたい事の狙いとしてはコレでよかったのですが..やっているうちに、デジカメで撮影したモノを等間隔で手動で繋げたほうが高品質じゃないか?という思いに駆られます。
勿論、その手間を省いてくれるのがこのアプリの利点なので、そこを考えてしまうと本末転倒なのですが。
使用する機種にも依存するのでしょうが、やはりピント調整や色合いのズレに苦戦します。お手軽な分、テクニックは要するものだ、と実感した次第です。
撮影可能サイズは(GalaxyS2の場合?)800x480と十分なサイズ、フレームレートの調整も融通が利くので、アプリの性能としては比較的お薦め出来る部類だとは思いました。

2012年02月14日

【コマ撮リ! / AndroidOS カメラアプリ】

我が家にAndroidOS(GalaxyS2 docomo)が来てから随分と経ちますが、ブログネタ的には初になります。(スマートフォンケースネタはありましたが)
勢いでカテゴリも新設致しました。
平常利用や日常生活的なアプリ群は比較的豊富で、特段困る事もなく色々と楽しめておりますが、楽器アプリを筆頭にした遊び心を揺さぶられるアプリは、どうしてもiOS群には敵わない印象のAndroidOSapp。そんなこんなですので、どの程度ネタを用意できるか判りませんが、生活必需品にはなっているので、今後もカテゴリを継続したいと思います。
で、今回はカメラアプリのコマ撮リ!です。所謂パラパラ漫画のような(微速度撮影・タイムラプス的な)、コマ送り動画が簡単に撮れる(作成)アプリ。この手のモノは、やはりiOSでも多くあり ⇒ こちら でも楽しんでいましたが、iPodTouchのカメラではなく、GalaxyS2のカメラならもっと楽しいんじゃないか?というわけで遊んでみました ↓

・AndroidOS - カメラApp - コマ撮リ! ・デフォルト設定 オート撮影モード - テスト
・BGM - GarageBand for iPad2 ・スマートフォン - GalaxyS2


ホワイトバランスやカラーバランスなどエフェクトも搭載されていましたが、今回は全てデフォルト設定、かつ三脚に固定、一定間隔のオート撮影モードを試してみました。
ややオートフォーカスに戸惑ったり、再撮影時に再設定が必要だったりと、イマイチな面もありましたが..無難な出来栄え。
オート撮影以外にも、マニュアルで好きなタイミングで撮影し続け、後ほど動画として生成するモードも御座いますが、コレは屋外にて試してみたい所なので今回は割愛。
ちなみに、書き出し動画の属性がAVI一択になっていて、コレがなかなかの曲者。PCなどで閲覧する場合、環境によっては再生できないかも知れません。
映像の仕上がりもあと1歩惜しい感じでした。(この辺りはご利用の機種性能にも依存するところなので何とも言えませんが)今回の動画では編集の際に画質調整を行なっております。
初めは勿論、無料のLite版で試したみたのですが、特に(GalaxyS2 docomoでは)不具合もなく(むしろ有料版に上げてから表示が崩れました..)、コレはいけるかな?と思い購入したわけですが、1番の理由はLite版制限の動画書き出しサイズ。撮影時は800x480で撮影ができるんですが、いざ書き出しになると中途半端なサイズに制限されます。ただ制限されるだけならまだイイんですが、縮小リサイズではなく、トリミングされてしまうので、もの凄く見切れた動画が吐き出されます。
コレじゃあ使い物にならんよ...でも不具合もないしな...という訳で見事に課金への道を辿りました。
ちゃんと探せばもっと優秀な同系アプリがあるのかも知れませんが、せっかく購入したのでしばらくはコレを使ってみます。
* ↑ は全てGalaxyS2 docomoでの動作です。
⇒ コマ撮リ! (Android Market)


[ HOME ]


▲ Page UP ▲

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。